アラサーのお仕事blog

自他楽に過ごすとある休日



今日は、近所のドラッグストアがポイントが倍の日だったので、
日用品を買いに行ってきた。
私が良く行くドラッグストアは、牛乳とかも安くて良く購入しているのだが、
物によってとても高いものがあるので、広告を見ながら色々と購入している。

ゴミ袋やティッシュなど大きい物も購入したが、
今日は車で来ているのでかさばる物を購入しても大丈夫である。
購入後は、家に帰り片付けをし、久しぶりにクッキーが食べたくなったので
ホットケーキミックスでクッキーとついでにパウンドケーキを作り、
それを3時のおやつとして食べる事にして、
お菓子を作り終えた後は、軽く昼食のパスタの準備をして、昼食後は軽く昼寝をした。

昼寝といっても1時間くらいだったが、満腹で気温も穏やかなのでとても眠りやすかった。
昼寝から目覚めた後は、軽く運動をして、
15時にはおやつを食べ、その後はネットサーフィンをして、夕飯を食べ、入浴し、
今日の一日は終わるところである。

食べては寝てを繰り返した、正に自他楽な休日だったが、
たまにはこういうだらけた日も必要なのだと思う。
とりあえず、明日からはバリバリ仕事して、お金を稼いで、
マッサージチェアとかを購入してもっと自他楽に過ごせたら嬉しい。

アプリを個人で作りはじめました



最近本業でできるようになったアプリ作りを個人でもしています。

私は最近始めたので詳しくは分かりませんが、最近はスマートフォンの普及に伴って、
個人でアプリ作りをするのが格段にやりやすくなったとのこと。

たしかに、ガラケー時代は今で言うApp StoreやGoogle Playなんてなく、
どこかのまとめサイトを経由していろんな人がいろんな場所に
アップロードしているアプリをダウンロードするしかなかったので、
今の様な「作ってここにアップロードすればとりあえず誰かが見つけてくれる」
という状況ではなく、アプリ開発者が作ったアプリを配布しようとしたときに
ハードルが高かったことが想像できます。

また、プログラムの仕様としても、ガラケーは本当にメーカーごとに
アプリ開発に必要な技術が様々
でしたので、開発という観点から見ても
相当手間ひまが必要だったそうです。

そう考えると、この時代にアプリ開発を始めることができたのは
だいぶ幸運だったのかもしれません。

まだどのようなアプリを作るか、というネタバレはできないので、
公開してからのお楽しみになるのですが、仕事と違って期間も
内容も全て自分の自由なので、まずはダウンロード数を稼ぐとか、
お金をもうけるとかという部分は置いておいて、純粋にアプリ作りを
楽しむ感覚でやってみようと思います。